FEAT

聴覚障がい者とのコミュニケーション支援アプリ

SpeechCanvas

利用規約 iOS

株式会社フィート(以下「当社」といいます)が国立研究開発法人情報通信研究機構(以下「NICT」といいます)からライセンスを受けて提供するアプリケーションソフトウェア"SpeechCanvas"は、以下の利用規約に同意された場合にのみ利用できます。

  1. 本利用規約に同意した者(以下「利用者」といいます)は、個人利用目的のために"SpeechCanvas"を利用できます。商用利用のためには別途当社及びNICTの許諾が必要です。
  2. "SpeechCanvas"に入力された音声やテキスト、図形、写真、端末情報(固有ID含む)、通信履歴、アプリの操作履歴、また利用者の位置情報(以下これらを合わせて「利用者データ」といいます)は、すべて"SpeechCanvas"のために当社が管理しているサーバーに記録されます。
  3. 当社及びNICTは、利用者データから作成する統計情報を第三者機関に頒布することがあります。また統計情報は商用利用に供されることがあります。ただし統計情報に個人情報は含まれておらず、個人を特定することはできません。
  4. 当社及びNICTは、利用者データを音声技術の改良の目的のために様々な形で利用しますので、"SpeechCanvas"に個人情報やプライバシーを含む情報、営業秘密等、第三者に対し秘密にしておく必要がある情報は入力しないでください。
  5. 当社は、"SpeechCanvas"をより多くの皆様が利用できるように、利用者の利用時間に上限を設けることがあります。また当社が利用者による"SpeechCanvas"の利用方法が不適切であると判断した場合には、当該利用者の利用を制限することがあります。
  6. "SpeechCanvas"の利用の際に必要となる通信料は、すべて利用者の負担となります。通信料金が高額とならないよう、通信会社が提供する定額サービス等の利用を強く推奨します。"SpeechCanvas"の利用により利用者の予測の範囲を超える高額の通信料が発生した場合であっても、当社はその補償は行いません。
  7. 当社及びNICTは、"SpeechCanvas"による音声認識の結果の正確性を保証しません。また当社は、"SpeechCanvas"が間断なく利用できるようそのシステムの維持に努めますが、"SpeechCanvas"が常時利用可能であることを保証するものではありません。そのため、"SpeechCanvas"を重要事項の伝達や緊急時の通信に利用することは控えて下さい。
  8. 当社及びNICTは、予告なしに"SpeechCanvas"の仕様を変更する場合があります。
  9. "SpeechCanvas"の提供は予告無く終了する場合があります。
  10. 利用者の端末にダウンロードされる"SpeechCanvas"に関連するソフトウェアの機能・仕様や、"SpeechCanvas"のために当社が管理しているサーバーによる音声認識技術を解析・リバースエンジニアリングをする事を禁止します。解析等の結果NICTの特許権や著作権等が侵害された場合には、NICTは差止や賠償請求をする場合があります。
  11. 本利用規約に定めている場合であるかどうかを問わず、"SpeechCanvas"の利用により利用者に如何なる損害が生じても、当社及びNICTは一切の責任を負いません。当社及びNICTは日本を含むすべての国や地域で"SpeechCanvas"の利用が合法であることを保証するものではありません。アプリを更新することにより改めてその時点の利用規約に同意して頂きます。
  12. "SpeechCanvas"の利用にあたっては、本利用規約に加えて、Apple社が定めるライセンスアプリケーション・エンドユーザ使用許諾契約及びApp Storeの利用規約が適用されます。
2017年4月17日